糖尿病と高血圧がやってきた!

ある日突然お医者さんからキリン並の高血圧(上220)と、予想もしていなかった糖尿病(HbA1cが12.0)を告げられた40代半ばのおばさんが綴るブログです

眼科検診異常アリ

半年に一度の眼科検診に行ってきました~。


視力検査と眼圧検査のあと
瞳孔を開く目薬をつけ、
順番待ちののち、診察。


目に光を当てられ
左見て、左下見て、下見て…
と指示を出され従うと
ある方向のところだけやたら念入り。


ちょっとイヤな予感…。('A`)


検査が終わって、先生曰く


「糖尿病による病変は見られませんでした。
が、右目の網膜が強度近視の影響で伸びてしまっていて
今後穴が開く可能性があります。


急に視力が落ちたり、
飛蚊症がひどくなったりしたら
そのうち治ると思わず
すぐに病院に来てください。


【寝れば治る】
【そのうち治る】
と思って病院に来なくて網膜剥離になる人が
結構多いんです」


゚(∀) ゚ エッ?


そう、私は強度近視。(右だけ)
なにそれヤバい。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


念のため、確認。


「糖尿病とは関係ないんですか?」


「糖尿病は関係ありません。
強度近視の人は眼球が伸びるので
それに伴い、
どうしても網膜も伸びて薄くなるんです」


じゃあ、
糖尿病で定期的に眼科検診するようになって
見つけてもらえたってことは
すごくラッキーなんじゃない?


そもそも糖尿病も
たまたま喘息の担当医に発見してもらうまで
体の不調を放置していた私。


きっと何も知らずに
飛蚊症の症状が出た場合
加齢のせいだと放置すること120%の自信があります。


でも、今日この話をしてもらったことで
ちょっとでも異変を感じたら
ちゃんと病院に行こう、と
意識できるようになりました。


ケガの功名かしら…。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。