糖尿病と高血圧がやってきた!

ある日突然お医者さんからキリン並の高血圧(上220)と、予想もしていなかった糖尿病(HbA1cが12.0)を告げられた40代半ばのおばさんが綴るブログです

【沖縄その6】シーサイドドライブイン

ずっと前から気になっていたのに
行ったことのなかったレストラン。



名前の通り東シナ海に面している
24時間営業のアメリカンレストランの老舗です。


ホテルから車で20分ぐらいだったので
行ってみることにしました。


着いてみたら
駐車場には地元のナンバーばかり。
「れ」ナンバーは私たち以外
見当たりませんでした。( ゚Д゚)
地元のみなさんに愛されているんですねえ。


窓辺の席に通してもらったら
ちょうど夕暮れ時。


もう家族3人うっとりですよ。
なんていい時間に来たんだろう。


そして注文。


娘はお子様ランチ
主人はスペシャルランチ
私はソーキの中華煮込み。


どれを頼んでもスープがついていました。
写真を撮り忘れてしまったのですが
この店の名物なんだとか。


味は
沖縄のステーキハウスでよく出る
白いスープと同じような感じがしました。


結構好みが分かれるかも。
娘は残したけど、私は好きな味でした。


主人のスペシャルランチ(夕食だけどw)



この写真では全然伝えきれないのが残念です。
ものすごい大きな皿に
あふれんばかりに揚げ物が乗っているんです。


あまりのデカ盛りに目を丸くした私に
店員さんが
「食べきれなかったら持ち帰りできますからね♪」
と教えてくれましたw


コロッケ
ハンバーグ
カツ
白身魚のフライ
エビフライ
フライドチキン
ポークスペアリブ


だったかな?
全てが大きい。


主人は娘にチキンをあげたりして
なんとか完食。


私が頼んだソーキの中華煮込みはこんな感じ↓



これも写真ではわからないのですが
ものすんごい量でした。


味は色ほどは濃くなく
ソーキ(ブタのスペアリブ)はホロホロで
大根はシャキシャキですんごくおいしかったです。
もちろん完食。


ご飯は2,3口でやめておきました。
おかずがすごい量だったので…。


お客さんは基地に勤めるアメリカ人とその家族、
と思われるグループが多くて
私たちの周りは日本語ではなく
英語が飛び交っていました。


さすがアメリカンレストラン。


また絶対行きます!



【沖縄その5】ホテルの朝食ビュッフェ

夏休みに沖縄に行くと
ものすごく旅費がかかります。


特に飛行機代が高いので
その分、他のところを削ることになります。


我が家はごくフツーーーーの一般庶民なので
どれだけ旅費を安くするか、が
毎年の課題になっています。


なので、
ホテルはいかにもリゾート、
なところではありません。


いつも同じところを使っています。
プライベートビーチやプールがあるので
娘はこのホテルが大好きです。


そんなホテルの朝ご飯はビュッフェ。


格安ホテルなので
連泊してもメニューはほぼ変わりませんし、
種類も少なく、選ぶ余地があまりありませんw
なので1日ぶんしか写真を撮りませんでした。


以前は絶対取らなかったサラダ
以前は間違っても選択しなかった野菜炒め
以前は決して食べなかった昆布と大根の煮物
以前は存在すら忘れていた冷奴
以前から食べていたスクランブルエッグ(大量)
以前から大好物のベーコン(大量)
以前から添え物程度のウインナー
+お茶→食後にコーヒー


去年までは
スクランブルエッグとベーコン、
フライドポテトの3種類を大量に。
それにパンとオレンジジュース&コーヒー


という選択だったのですが
今年はだいぶ変わりましたw


ビュッフェはいいですね。
例えばサラダひとつをとっても
豆類はパス、とか自分で考えられます。


量も自分で決められるから
炭水化物がなくても
お腹いっぱい食べられました♪






【沖縄その4】ゴーヤチャンプルー

本場のゴーヤチャンプルーを参考にしようと
注文してみました。



すごく…緑です…。(゚A゚;)ゴクリ


私が作るゴーヤチャンプルーも
かなりゴーヤの割合が多いと思っていたのですが


これはゴーヤに他のものを少し加えたよ♪
といった感じ。


そしてゴーヤが大きい&すごい鮮やかな緑。
あまり火を通してない?と思うような色。


豆腐は島豆腐。
固いので炒めても崩れません。
あとの具がポークランチョンミートと
卵。
卵の割合はほんの少しでした。


右上のお漬物は
多分ですがパパイヤキムチだと思います。
左上なぶどうです。


ちなみにこれでお値段500円。
ワンコインでこんなボリューミーなのが食べられるなんてすごい。


ゴーヤ、苦くておいしかったです。
私は結構しっかり苦みを抜くのですが
これはそんな処理はたぶんしていないと思う鮮烈な苦さ。


でも、それはそれでおいしい。
本場で食べられて満足しました。


【おまけ】
このゴーヤチャンプルーを食べたところは
実はヤンバルクイナを見られます。


ちょうど水浴びしていました。
可愛かった~♪